すそわきがの病院での治療法

更新日: 2017/08/03

わきがとは遺伝的要素の大きい生まれ持った体質であり、思春期の時期のホルモン分泌が活発化されると同時に臭いの発生が起こります。

これはアポクリン汗腺の量が多い体質の人がなるもので、そこから排出される汗と皮脂などの分泌物が合わさることで独特な臭いとなるのです。

そして、アポクリン汗腺は脇の下だけではなく、陰部にも多く存在します。

陰部のわきがをすそわきがと言い、これを悩んでいる人は多くいます。

すそわきがは、普段常に下着に覆われ蒸れやすい部分であること、様々なものが排出されるデリケートゾーンということもあり、臭いがさらにきつくなることもあります。

また、体調などによっても臭いが高まることもあります。自分でできることとしては、まず清潔を心がけることが大切です。すそわきが専用のデオドラントクリームなども販売されているのでそれを利用するのも有効です。

しかし、それらは対処法でしかないので、専門的に治したい場合には病院での治療になります。

病院でのすそわきが治療

すそわきがの病院での治療としては、局所麻酔を行ってから陰部に細い針から出る高周波を当ててアポクリン汗腺を破壊するビューホット治療、陰毛の毛穴ひとつひとつにハリを通して電流を流し、アポクリン汗腺を凝固させ焼却する電気凝固法、陰部にボトックスを言う薬剤を注射することで神経伝達物質をブロックするボトックス治療などがあります。

すそわきがの重症度や体質、どの程度を目指すかなど希望や状況に応じて治療法を選ぶことが大切です。

すそわきがは治療には保険適用あるのか?

すそわきがの治療方法はいくつも有り、選んだ病院、さらにその人の状況によって様々な方法が適用されます。
ただ全ての治療法に置いて健康保険が適用されるわけでは有りません。

健康保険は本当にその治療を必要とする疾患がある場合、さらにその治療法でしか治す事が出来ない場合等に適用されます。
他の方法でも治す事が出来る場合は、保険適用とならない場合も少なくありません。

保険適用される治療法

現在すそわきがの治療方法で保険適用となっているのは剪除法・皮弁法・切開法等になっています。
ただこれらの方法を選べば必ず保険が適用されると言う訳ではありません。

保険適用となる為には、すそわきがの為に日常に支障をきたしている場合、精神疾患を発症してしまっている場合等、どうしても治療を必要とする時等だからです。

客観的に見てどうしても治療を必要だとみなされなければ、それは決して必要ではない治療と言う事になるので、保険が適用されなくなってしまいます。

保険適用は限定的

ただこうした条件を満たしているかどうか、第三者の目で客観的に見て要不要を明らかにする場合、どうしても医師の判断に左右されてしまいます。

また、わきがと同じ様に確かに独特の臭いがする疾患ですが、日常生活に支障をきたしてしまう程強い臭いになってしまわない場合も多々あります。

だから、実際には保険が適用される治療法も存在しているのですが、必ずしも保険適用となるわけではなく、殆どの場合は適用されないと言うのが実情です。

しかし、そうした適用される事が少ないと言うだけで、決して0と言う訳ではありません。
出来るだけ保険適用ですそわきがの治療をしたいと思ったら、まずはその旨を病院で相談してみましょう。

すそわきが対策!おすすめケア商品はこちら


 

すそわきが

すそわきが

すそわきが

商品名クリアネオラポマインアクアデオ
商品画像ワキガ手術に行く前にクリアネオLapomineアクアデオ
返金保証永久返金保証90日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_4
即効性review_5review_5review_4
手軽さreview_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状ジェルジェルジェル
内容量30g24g30g
価格4,980円5,700円5,980円
一日あたり166円190円199円

すそわきが対策!治し方や臭いチェック!おすすめデオドラントランキング!- TOP